推進工事技士

2022年2月号 推進工事技士

 推進工事技士の有資格者は推進工事に関する幅広い知識と高度な技術をもって、推進工事を適切に計画、設計、施工できる技術者です。
 推進工事技士は全国で約1万人が登録されていますが、高齢化による退職やその活躍の場の縮小に伴って、どちらかというと減少傾向にあります。しかし、非開削で管路を建設する推進工事の設計および施工においては、欠かすことのできない資格だと考えます。推進工事は構造物である管路全体が地下を移動する工法であるため、その品質を長期にわたって保証するためには適切な設計や的確な施工管理が必要です。つまり、推進工事における品質を確保するためには出来上がりの構造物を検査するだけでは不足であり、事前の綿密な調査に基づく適切な設計、日々状況が変化する施工における的確な日常管理がより重要です。そのために推進工事技士制度があり、その価値を正しく理解して普及させる必要があります。
 過去に公共工事に対する批判の高まりを受け、公共工事の入札・契約制度に係る「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」(平成13年2月16日)、「公共工事の品質確保の促進に関する法律」(平成17年4月1日)の施行に伴い建設業の健全な発達や公共工事の品質確保が要求されています。とりわけ推進工事は長距離推進、カーブ推進等が採用されるケースが増え、高度な技術力・判断力が要求されています。都市部における案件では、錯綜する地下埋設物が前提条件となるため以前に増してより高度な経験・知識・判断力・安全対策が必要になります。
 反面、発注者・建設会社・コンサルタントなど各方面において技術の向上・継承に取り組んでいると思いますが、このような背景においては、推進に関する総合的な技術力を有する推進工事技士の資格の取得とその活用を考えるのも有効な手段だと考えます。
 まずは、発注者において、有資格者の活用方法を検討していただきたい。活用に際しては性急な導入方式ではなく段階的な方法も一つの選択肢と考えられます。有資格者の少ない都道府県・市町村においては、制度導入は業界からの様々な意見が予想されますので、前述した長距離推進・カーブ推進等、難易度の高い推進工事から適用してはいかがでしょうか。これにより受注者の受験への意欲と同時に技術力のレベルアップが図れると思います。
 日本推進技術協会においても、有資格者が機械・電気・土質・力学の基礎知識に関するもの、施工計画・施工管理に加え法令規則等、幅広い知識の習得者であること。また、登録期間5年毎に講習会の参加を義務付け、諸法規・規格の改訂や最新の技術、災害防止・安全対策に関する講習を実施していることを幅広く情報発信していただきたいと思います。
 推進工事技士は高い技術力を有し、重要な役割を担う存在であることを再確認し、その技術を生かせる機会の増大に寄与することを願っております。
(編集担当:中野正明)昭)

巻頭言 昔も今も国土強靭化
大豊建設㈱土木本部土木営業部長
(公社)日本推進技術協会理事
小坂 浩
今月の推論 大勢順応、やがて破局
全日本発注者団体連合協議会副会長
総 論 設計施工での品質・安全に貢献する推進工事技士制度
(公社)日本推進技術協会技術部長
川合 孝
解 説 設計者からみた推進工事の課題等について
オリジナル設計㈱大阪事務所技術課
折野 真二
技術者に求められる力量の確保について
仙台市建設局下水道経営部下水道計画課(推進工事技士)
小松 孝輝
推進工事の品質確保に向けて
鹿児島市水道局下水道部下水道建設課主幹
下吹越 勇二
推進工事に携わる者として
アイレック技建㈱非開削推進事業本部第二技術部(推進工事技士)
石川 巧太
推進工事技士に求められるもの
機動建設工業㈱北陸支店工事課係長 (推進工事技士)
犬窪 和晃
未来へ繋ぐ「SDGs」私が目指す「テクノロジスト」〜推進工事技士〜
中川ヒューム管工業㈱工事部主査 (推進工事技士)
岩上 賢一
資格取得は知識、技術向上のきっかけに
地建興業㈱工事部課長 (推進工事技士・基礎施工士・1級土木施工管理技士)
大石 真樹
推進工事技士の意義と必要性
㈱福田組東京本店土木部技術部課長 (推進工事技士)
北村 雅裕
資格試験勉強で推進をより深く理解できる
サン・シールド㈱工事部工事課エンジニアリング担当 (推進工事技士・2級土木施工管理技士)
櫻井 勇希
推進工事技士の専門知識を設計に活かす
㈱アルファシビルエンジニアリング施工本部技術部課長代理 (推進工事技士・1級土木施工管理技士)
貞永 桂子
推進工事のプロになるために
デュアルシールド工法協会技術委員 (推進工事技士)
椎野 光保
継続は力なり「推進工事技士」
機動建設工業㈱九州支店次長 (推進工事技士・1級土木施工管理技士)
田中 秀範
推進工事技士 そして未来へ
地建興業㈱工事部第一工事課課長 (推進工事技士)
鳥居 耕司
目に見えないところで人々の生活を支えている「推進工事技士」
アサヒエンジニアリング㈱工営部 (推進工事技士)
原田 善英
推進工事技士への思い
サン・シールド㈱工事部課長 (推進工事技士・1級土木施工管理技士)
深津 久晃
近代的施工を担う推進工事技士
南野建設㈱名古屋支店工事課課長 (推進工事技士・1級土木施工管理技士)
福田 信弘
私にとっての推進工事技士
アサヒエンジニアリング㈱工営部 (推進工事技士・2級土木施工管理技士)
渡邊 立希
座談会 推進工事技士制度の次世代のあり方を展望する
本誌編集委員会副委員長
石川 和秀
横浜市環境創造局管路整備課
林 宏和
㈱東京設計事務所東京支社デザイン第1グループ
亀谷 佳宏
戸田建設㈱本社土木工事統轄部土木ICT・AI推進部
市川 政美
南野建設㈱東京支店
山田 賢二
投 稿 推進工法における土質調査の問題点 ~排泥を利用し、粒度試験と排泥比重の測定~
ESS工法協会事務局 技術・積算
檜皮 安弘
随 筆 話題のインフラツアーに参加 4 〜耶馬溪トンネルホテル(耶馬溪道路)〜
長野油機㈱製造部資材課
山口 雅永
ゆうぞうさんの山紀行 第72回 曽我梅林鑑賞ハイキング

-推進工事技士

© 2022 月刊推進技術